適応障害になっても確実に改善できる|誰でも知っている治療法を伝授

症状のタイプを知る

女性

新しい職場や新しい環境でなかなか上手くなれないでいるとストレスを感じ、いろいろな精神的症状が現れるのが、適応障害です。適応障害になるといろいろな症状が見られるのですが、不安や抑うつ、過敏や混乱などの情緒不安定な症状が一般的です。また、不眠や食欲不振、全身に嫌悪感や倦怠感等を覚えることがあるでしょう。他にも、頭痛や腹痛肩こりなどの身体的症状が現れます。さらに遅刻や欠勤、早退や過剰飲酒などの問題行動が出てきます。これらの症状が見られることで、次第に対人関係や社会で生活することに支障がでます。仕事などもしっかりと行なうことができなくなり、引きこもりになってしまう場合もあります。そうなるとうつ病になっている可能性が高く、専門的なクリニックで治療が必要になります。

適応障害という診断をされるときには、基準があります。その基準は、明確なストレスによって精神的なダメージあり、3ヶ月以内に精神的な症状が見られる場合、それからストレスによって想定できる症状よりも過剰な症状が見られることや社会や仕事を通常通りできないことなどがあります。これらの症状が現れた場合は、適応障害が考えられるでしょう。また、適応障害にはいくつかのタイプがあります。タイプによって症状が異なり、治療へのアプローチも変わってきます。
タイプとして不安気分を伴う適応障害があります。不安や神経過敏、心配やイライラなどの症状が多くでます。ほかにも抑うつ気分が強い適応障害があります。これは抑うつ気分になり、涙もろくなります。また、希望の無さなどが見られ、ネガティブな精神症状が現れるでしょう。
そして問題行動や社会的規範、規則を破ってしまうことなどの行為が見られるタイプの適応障害もあります。
適応障害には精神的だけでなく、身体的にも症状が現れます。疲労感や頭痛、腹痛や不眠などが多く見られるタイプや引きこもってしまうタイプもあります。

適応障害の治療を行なうときには、このようなタイプをまず判断します。そしてその症状にあった治療を行なっていきます。まず行なう治療としてストレスと感じている原因を無くすことです。ストレスを感じられることが少なくなると症状も軽減できます。その治療法として、仕事を辞めたり休職したりしてストレスを感じない時間を作る事が良いでしょう。症状によって適切な治療が行われるように適切なクリニックを選びます。